89作目°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

ゴーストルール
家にあったゴミで叩いてみた
DECO*27 / 初音ミク

今回はDECO*27さんのゴーストルールを家にあったゴミで演奏させていただきました。

この曲、本当に大好きでカラオケに行くと毎回歌ってます笑
(高すぎてしんどいですが…(^◇^;))




ゴーストルールのドラムの譜面は基本的に裏打ちが続く単純な構成となっているのですが、正直かなりの難しさでした( ;´Д`)



その理由はテンポの速さですね…。



BPMはなんと210

まぁBPM210の曲が珍しいというわけではないのですが、このテンポで裏打ちをキープするというのが難しいんですよね(´・ω・`)



さらにサビはバスドラが4つ打ちではなくなるため難易度が上昇します…苦笑



動画ではそこまで難しそうに見えないと思いますが、いつも以上に苦戦しました。

かなり練習してから録画したのですが、それでも今回はリズムが甘い出来となってしまいました、、大好きな曲なだけに悔しい(´・_・`)

もっと練習ガンバろう…。




以前にリズム感の習得に関してコメントをいただいたため、少しだけ触れたいと思います。




リズム感の習得に必要なこととは…

クリック(メトロノーム)と友達になること。

これに尽きます笑



メトロノームは皆さんご存知の通り、リズムを一定に刻んでくれる機械のことですね。



同じフレーズをクリックを聴きながら数時間繰り返したり、難しいフレーズをテンポを変えて繰り返したりと、とにかく色々なフレーズを色々なテンポで繰り返し練習することで私はリズム感を習得していきました。

ですが私自身はおそらくリズム感が良い方でも悪い方でもない中間くらいの実力なのであまり参考にならないかもしれません…苦笑



単にクリックに合わせてボーッと練習しているだけでは何の成果にも繋がらないと書かれたサイトもたくさんあると思います。

実際のところ私もそう感じている部分がありまして、もう少し工夫した練習法があったんじゃないかなと思うことがあります(^◇^;)

長年独学で練習していたため、練習方法を指導してくれる方がいなかったんですよね(´・_・`)



今改めてリズム感の練習を考えるなら「4/4拍子の頭だけの音を鳴らし他のリズムは頭で補って叩く」といった練習法かなぁ。

まず120のテンポで叩き、その後60のテンポで120の時と同様に叩くといった感じでも良いですね。

とりあえず歯抜けになった部分(●)を頭で補うイメージです。

BPM120: 〇 〇 〇 〇
BPM60:  〇 ●  〇 ●

…文章だと伝えるのが難しいのですがうまく伝わるかな(^◇^;)




私もリズム感をさらに向上させたいため、今後はこの方法で練習してみようと思います(`・ω・´)

機会があればもう少し詳しく書くかも?

では、今日はこの辺で〜ばいばい(=・ω・=)ノシ