はじめに

先日の動画の通り「おもちゃの電子ドラム」を購入したので、今回はこのドラムについてレビューしたいと思います。

これまでリラックマのドラム13000円の知育楽器などいくつもおもちゃドラムを購入してきましたが今回は電子ドラムなんですよね~Σ(゚Д゚;)

間違いなく今までで一番高性能ですね…!

かなり前から気になっていたので開封時は非常にワクワクしました笑

おもちゃドラムはハイハットがないものが多いのに…今回はハイハットのオープンクローズまで楽しめるというのが本当に感激しました(´;ω;`)


とまぁ、前置きはこのくらいにして商品の詳細を説明していきましょう。


開封動画(YouTube)https://www.youtube.com/watch?v=dtLVCy6Gms8




ポータブルシリコン電子ドラムについて

購入先や値段は?

正確な商品名はわからないのですが外箱には「Hand Roll Drum」と印刷されていました。

ロール型(ロールアップ)ドラム、ポータブル電子ドラム、折りたたみ式電子ドラムといったとろこでしょうか。
(後でわかりましたがポータブルシリコン電子ドラムという品名でした。)

お値段は6200円ほどでamazonにて購入しました。


amazonや楽天で「電子ドラム ポータブル」と検索すると似た商品がたくさん出てくると思います。

(ポイントを考慮すると現在は恐らく楽天が最安値でした。)


ドラムの構成は?

その中で7つのパッドのタイプ9つのパッドのタイプの電子ドラムがありますね。

それぞれの構成は以下の通りです。

7つのパッドタイプ

・ハイハット
・スネア
・ハイタム
・ロータム
・フロアタム
・ライドシンバル
・クラッシュシンバル

・フットペダル(バスドラ用)
・フットペダル(ハイハット用)

9つのパッドタイプ

・ハイハット
・スネア
・ハイタム
・ロータム
・フロアタム
・ライドシンバル
・クラッシュシンバル(1)
・クラッシュシンバル(2)
・バスドラ

・フットペダル(バスドラ用)
・フットペダル(ハイハット用)

クラッシュシンバルが1枚多いのと、バスドラをパッドで鳴らすこともできるのが違いとなっています。

箱の中身・付属品は?

私はクラッシュシンバルが2枚欲しかったので9つのパッドタイプのものを選びました。

今回私が購入したものはコチラ↓



次に付属品を見ていきましょう。

・フットペダル(ハイハット、バスドラ用)



・USBケーブル
・3.5mm オーディオケーブル




・スティック



・取扱説明書

これらで全てとなります。

仕様・特徴は?

・持ち運びが楽
シリコン素材で軽量でサイズも小さいため楽に持ち運ぶことが可能です。
(この電子ドラムを外で使うことがあるかはわかりませんが…笑)

・音色を7種類変更可能
普通のドラムの音だけでなく打ち込みチックなドラム音などに変えることができます。
音色を変えると雰囲気が変わるのでこれだけでも楽しめます。

・録音可能
演奏内容を録音することができます。
これはフレーズの確認に便利ですね。

・ヘッドホンやイヤホンが使用可能
騒音の問題でスピーカーから音を鳴らしたくない場合はヘッドホンを接続すれば気にすることなく演奏が可能です。
(ただしシリコンを叩いた時のコツッコツッという音は結構大きいので注意が必要)

・パソコンやスマホと接続可能
3.5mmオーディオ入力端子で接続し本体から音楽を鳴らすことが可能です。
スマホなどに音楽を入れている人には便利な機能ですね。
これがないと曲と合わせる時はスマホからイヤホンで音楽を聴き、ドラムの音は本体スピーカーからという形になり、叩いたドラムの音が聞こえにくくなりますからね。。


こんなところでしょうか。
6200円にしてはかなり機能が豊富で素晴らしいですね(*´ω`*)



実際に使用してみて

良かったところは?

・レスポンスが良い
連打した時やシンバルとスネアと同時に叩いた時などしっかりと音が鳴ります。
約6000円と控えめな値段、そしてロール型のドラムということで正直あまり期待していなかったのですがこれは想像以上でした。

・太鼓類の音が割と本格的
生のドラム音をサンプリングした「ステレオサンプリングドラム音」が特徴!
と商品の紹介文に書かれていて正直疑っていたのですがこれも想像以上でした。
特にタムやバスドラは良い音が鳴っていると思います。
(後述しますがシンバル類の音は・・・でした。)

付属のフットペダルによりバスドラやハイハットのオープンクローズも再現可能なので、これらで電子ドラムとして機能は十分果たしていると言えるでしょう。

悪かったところは?

コチラはかなりあります…苦笑

・誤作動が多い
センサーが過敏すぎて少しの振動で音が鳴ります。
特にバスドラがひどく踏んだ時だけでなく足を上げた時にも音が鳴ります。
そのため演奏動画を投稿した時はハイハット用のフットペダルだけを使ってバスドラはビニール袋を代用しました(笑)
反応が良すぎるのも問題ですよね(´・ω・`)

・強弱がつけられない
強く叩いても弱く叩いても一定の音量で音が鳴ります。
そのためゴーストノートを入れることができず、無理に入れようとすると曲の雰囲気が壊れてしまいます。

・叩きにくい
これはドラムでは致命的かもしれませんが本当に叩きづらいです。
的が小さいのは私的にあまり問題ありませんでしたが、やはりハイハットとスネアが同じ高さというのはキツいですね。
ゆっくりなテンポの曲であれば大丈夫ですが早めの曲だとスティック同士がぶつかってしまいます。

・ライドシンバルの音が微妙
太鼓類の音は良かったのですがライドシンバルの音はかなり違和感があります。
(チーンチーンチーンチーンと甲高い音が響きます。)
そしてなぜかライドシンバルの音量だけ大きい。

・スティックが脆い
開封後しばらく練習し演奏動画を撮影していたところすぐにスティックが欠けてしまいました。



また開封時は問題なかったのですが、しばらく経ってからスティックを見ると曲がっていました。

演奏前からこのように曲がっていたので恐らく湿気か何かが原因でしょう。
(木の材質が悪いんでしょうね。。)

このようにスティックはかなり脆いのでおまけ程度に考えた方が良いですね。
そもそもこの付属のスティックはおもちゃ専用なのか本物のスティックより短いので、実際のスティックも一緒に購入した方が良いかもしれません。


この電子ドラムの演奏動画をYouTubeに投稿しています。
文字だけでは伝わりにくいことがあるかと思いますので参考にしていただけると幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=CEmquijNcEc

ドラムの練習になるか?

結論から言えばドラムの練習にはならないと思います。

厳密に言えば練習の定義による(リズム感の上達?フレーズの確認?)ので断言はできませんが私はオススメしません


理由は上で述べた悪かったところに加え、下記の理由もあります。

・本物のドラムとリバウンドが大きく異なる
スティックで打面を打った時の跳ね返りが実物とは全然違います。
(シリコン素材なんだから当たり前だろうと言われればそれまでですが。。)
そのためこの電子ドラムをメインで叩いてたまに本物という流れで練習した場合、本物を叩いた時に強烈に違和感を覚えるはずです。
さらに強弱をつけられないなど本物ならではのニュアンスを習得できないのでオススメできません。

ただこれはどの電子ドラムにも言えることなので、生ドラムの感覚を忘れないように定期的にスタジオに入るようにすればある程度は解決します。
(私も昔はこのように練習していました。)

・バスドラの練習にならない
付属のフットペダルではカチカチと踏むだけでバスドラが鳴りますが、実際はペダルを踏んでビーターを動かすことでバスドラを叩いて音を鳴らします。
このペダルの踏み方にはヒールアップ奏法、ヒールダウン奏法、スライド奏法などいくつか種類があります。
しかしこのフットペダルではその練習にはなりません。
バスドラをうまく踏むにはかなり練習が必要なので実際のペダルを使った練習が一番望ましいですね。


まとめ

いかがだったでしょうか。


ロール型の電子ドラム…興味を持っていただけた方も多いと思いますが意外と悪かったところが多かったですね。

しかし忘れてはいけないのはこの商品は約6000円
きちんとした電子ドラムを買うには一番安くても3万円は要します。

この値段を考慮すれば本当にクオリティは素晴らしいと思います。


練習になるのかは難しいところですが
・ドラムの雰囲気を味わいたい
・子どものおもちゃとしてプレゼントしたい
・(私みたいに)大人だけどおもちゃとして遊びたい
・スタジオに行くまでの繋ぎとしてフレーズの確認などに使いたい

このような用途としてはコスパは最高だと思います。

私としては誤作動は腹立たしかったですが、それ以外は非常に満足しています♪
(普通に叩いていて楽しめるので開封後1時間ほど遊んでしまいました笑)


その他にも↓のようなポータブル電子ドラムもあるので、機会があればコチラも購入して演奏動画を投稿したいと思います(`・ω・´)



かなりの長文となりましたが、最後お読み下さいましてありがとうございました。
(この記事を書くのに6時間ほどかかりました…苦笑)


デハデハ~ヾ(=・ω・=)o