最近ご無沙汰だったギター。


(エレアコ:エレクトリック・アコースティック・ギター)


久しぶりに練習を再開したところ…

プツンッ!

1弦が切れてしまいました(´・ω・`)

…それもそのはず、このエレアコの弦を交換したのは確か1年以上前(;´・ω・)

弦がサビまくっていたのでそろそろ交換しないと、、と思いながらも面倒だったためずっと放置していました(苦笑)


さすがに切れてしまってどうしようもないので久しぶりに弦の交換を行いました。

そしてせっかくなので弦の張り替え方をここにメモしておこうと思います。




☆用意するもの

  • 交換用の新しい弦
  • ニッパーまたはペンチ
  • チューナー



(1)弦を緩める

ペグを回して全ての弦(1~6弦)を緩めます。



(2)弦を切る

ニッパーまたはペンチで弦を切ります。
(※緩めてから切らないと弦が弾け飛ぶため危険です。)


切り終えた後はこんな感じ。



(3)弦を抜く(ヘッド側)

切った後はペグポストから弦を抜きます。



(4)ブリッジピンを抜く

ニッパーまたはペンチでブリッジピンを抜きます。


なんだか抜歯をしている気分ですね…笑

(本当に歯みたい…!)



(5)弦を抜く(ボディ側)

ブリッジピンを抜いた後は弦を抜きます。

これでひとまず古い弦を取り外す作業を終えました。



(6)ギターのメンテナンス

新しい弦を張り替える前にギターのメンテナンスを行います。

ヘッドやフィンガーボード(指板)は弦があるとお掃除できないので、新しい弦を張る前にピカピカにしてあげましょう。


ギターボディにはギターポリッシュ、指板にはマジックフィンガー(指板潤滑剤)を用いて、ギタークロスで綺麗に拭き取ります。

用途
ギターポリッシュ:ギターボディの汚れ取り、艶出し。
指板潤滑剤:指板の保護、弦のサビ止め、指板の潤滑。

ピカピカになりました。愛着が湧きますね(*´ω`*)♪


今頃ですが弦の交換や掃除を行う時は枕(クッション)を用意した方が良いですね。
(ネックの裏側に敷いてあげると良いと思います。)


ぬこ「痛い…。」



(7)交換用の弦を用意する

交換用の新しい弦を用意します。


このように1~6弦まで色分けされているためわかりやすいですね。



(8)弦を固定する

弦をブリッジの穴に通し、ブリッジピンで固定します。

全ての弦を固定し終えたら、弦を引っ張り抜けないかを確認しましょう。



(9)弦をペグポストに通す

まずは6弦をペグポストに通します。
(この時ペグポストの位置を間違えないように注意しましょう。)



(10)弦を緩める

弦をペグポストに通した後は、弦を引っ張った状態でペグポストとペグポストの間を持ち、弦を少し緩めます。



(11)弦を固定する

緩めた後、上の写真のように弦を曲げて固定します。



(12)ペグを回す

ペグを回す方向に注意して弦を巻いていきます。
(この時、弦が下に巻かれるようにペグを回していきましょう。)



(13)弦を切る

巻き終わった後はニッパーまたはペンチで余った部分の弦を切ります。


このようになるべく短く切っておきましょう。


手順(9)~(13)を6弦から1弦まで順番に繰り返します。



(14)チューニングを行う

最後にチューニングを行います。

6弦:E
5弦:A
4弦:D
3弦:G
2弦:B
1弦:E

張り替え直後はチューニングが狂いやすいため、弦を伸ばしてチューニングを行うことを何度か繰り返しましょう。



以上で弦の張り替えが終了となります。お疲れさまでした!


久しぶりの弦の交換だったためかなり大変でした。。
(私は慣れていなかったため全ての作業を終えるのに1時間以上要しました…(汗))

もっとテキパキと終えられるようになりたい(;´・ω・)


これからはいつものゴミドラムだけでなくギターも並行して練習していきたいと思いますヾ(*´∀`*)ノ♪

いつか弾き語りとかにも挑戦したいなぁ~。


ゴミドラム↓

(YouTubeのチャンネル ⇒ https://www.youtube.com/channel/UCGisjq3u_T-JsVnxdfeFyYg)



ではでは、今回の記事が「アコギの弦の交換方法(張り替え方)がわからない」といった方に少しでも参考になれば幸いです┏○

最後までお読み下さいましてありがとうございました。

マタネ~ヾ(=・ω・=)o